弁護士

空調管理の重要性

作業服の男性

飲食店などに必ず取り付けられているのが、換気ダクトです。換気ダクトの役割は、厨房に充満した臭いを外に換気してくれます。その他にも、室内の湿気を防いで害虫の発生を抑える効果もあります。しかしながら、換気ダクトは調理時の油汚れが付着しやすいです。なので、定期的にダクト清掃を行わないと、色々なトラブルを引き起こしてしまいます。たとえば、内部に溜まった油に埃などが付着することで発火の原因となります。汚れに引火してしまうと、一気に大火災に発展する可能性もあります。その他にも、内部に溜まった油汚れを求めて、害虫やネズミが寄ってくることもあります。そうなると、食事を作る上で非常に不衛生となります。なので、定期的なダクト清掃は大事といえます。

換気ダクトを汚れた状態にするのは、衛生面において良くありません。そのため、定期的な換気ダクト清掃を専門の業者に依頼をする必要があります。ダクト清掃を素人がやろうと思っても、とても手には負えません。専門業者にダクト清掃を依頼すると、専門の道具で効率よく清掃を行ってくれます。まず、スタッフがダクト内に入り、ケレンという工具で内部のおおよその油をはがし取っていきます。その後、専用薬品を用いて、残りの油を溶かして取っていきます。また、ダクト内の汚れが広範囲に及んでいる場合は、高圧洗浄、熱湯高圧洗浄などの工法で清掃していきます。専用の機器で洗浄していくことで、効率よく短時間で清掃する事が可能となります。