弁護士

窓の安全を保持

作業服の男性

一戸建てやマンションに住んでいる場合に、台風などによって窓ガラスが割れてしまうケースがあります。そんな時に専門業者に修理を依頼することが一般的となっていますが、その際の注意事項について説明をしていきます。 家を購入する時に火災保険などに加入していることがありますが、窓ガラス修理の場合にはこれが使用できないことが多いです。仮に保険が使用出来る場合でも、合計額が20万円以上にならないと適用されないことが多いです。なので窓の修理費を保険で支払おうと考えている場合には、適用されないことがありますので注意が必要です。しかし窓の修理費といっても防犯ガラスなどの特別なものでなければ、高くても数万円前後で収まることが多いです。

何らかの理由で窓が破損してしまった場合には、専門業者に依頼をして修理に来てもらうという形が一般的な流れとなっています。そこで修理を専門業者に依頼する時に、事前に知っておくと便利な情報について紹介をしていきます。 普通のガラスはちょっとしたことでは割れないように出来ていますが、ヒビや亀裂などが入っているものに関しては強度が弱くなっています。そのためちょっと手で触れただけで割れてしまうことや、それが原因で怪我をしてしまうケースがあります。なので専門業者に窓の修理を依頼する時には、出来るだけガラスなどには手を触れないようにした方が良いです。よって窓の修理に関しては基本的に業者の方に任せきりにする方が良く、それが完了するまでは依頼者はガラスなどには触れない方が良い傾向があります。